GUIDELINE

募集要項 / 申請書ダウンロード

OUTLINE

募集概要

「日本財団夢の奨学金」第2期(2017年度)奨学生募集

明確な計画とゴール達成への熱意と行動力を持ち

後輩たちの希望・目標・ロールモデルとなる

社会的養護出身者を、わたしたちはサポートします。

社会的養護出身者の進学や就職を応援するため、日本財団は授業料、生活費、住居費を給付する新しい奨学金制度「日本財団夢の奨学金」を2016年度よりスタートしました。奨学生には、「日本財団夢の奨学金」ソーシャルワーカーが伴走し、卒業や就職までの間、随時奨学生の相談に対応します。

進学先の大学・専門学校の学部・学科の制限はありません。

例えば中学校を卒業後、職人(手工芸品、伝統工芸品を作るプロフェッショナル、大工・左官・紙すき・箪笥といった手工業のプロフェッショナル、板前・パティシエといった食品を扱うプロフェッショナルなど)を目指す方も「日本財団夢の奨学金」は応援します。

高校中退や高卒後就職の道へと進んだ人も、学び直しや専門技術の習得を通じて
キャリアアップにつなげることができます。

未来をあきらめない、その強い意思に応えるために、
皆さんからの申請をお待ちしています。

GUIDELINE

募集要項

申請書受付期間
2016年8月1日(月)~2016年8月31日(水)必着
支援対象
15歳以上(中学卒業以上)の社会的養護出身者
支援内容
  1. 高校、大学、大学院、短大、専修学校等における卒業までの授業料(全額)、住宅補助(月額上限6万円)、生活費補助(月額定額5万円)
  2. 職人見習い期間の住宅補助(月額上限6万円)、生活費補助(月額定額5万円)

※支援金額は、個々の状況を総合的に判断し、決定します。

応募資格
社会的養護出身者であり、進学・就職をし自立をめざす、
下記の要件に合致した方

  1. 明確かつ現実的な人生プランが示せる
  2. 決めたことは行動に移す実行力がある
  3. 視野が広く、人間性が豊か
  4. 人生プラン実現への強い情熱を持つ
  5. 後輩が憧れ、目指せるロールモデル性を備える
採択奨学生
予定数
20名~30名
申請方法

申請書をダウンロードし、必要事項を記載の上、
2016年8月31日(水)までに下記宛に郵送でお送りください。

日本財団 夢の奨学金 2017年度申請書(ダウンロードはこちらから)

〒107-8404 東京都港区赤坂1-2-2
日本財団 ソーシャルイノベーション本部 国内事業開発チーム
「日本財団夢の奨学金 2017年度奨学生募集」係

選考方法
  • 2016年9月  1次審査(書類)
  • 2016年10月~12月 2次審査(面接)

    ※面接は、札幌(北海道地方在住者対象)、仙台(東北地方在住者対象)、東京・日本財団ビル(関東甲信越静地方在住者対象)、名古屋(中部地方在住者対象)、大阪(近畿地方在住者対象)、広島(中国地方在住者対象)、高松(四国地方在住者対象)、福岡(九州・沖縄地方在住者対象)で行う予定です。

  • 2016年12月末(予定) 第2期奨学生の決定
この件に関する
お問い合わせ
担当部署:日本財団 ソーシャルイノベーション本部 国内事業開発チーム
担当者名:芳川、及川、正木
電話:03-6229-5111 (日本財団コールセンター)
Email: cc@ps.nippon-foundation.or.jp